SKメディカルクリニック透析室の特徴

logo.png

07.jpg

02.jpg 03.jpg 04.jpg 05.jpg

医師、臨床工学技士、看護師の専門性を活かし、良質な透析医療の提供を心がけています。また、当院では安心・安全・快適な透析室を目指し、各チームを結成し、様々な取り組みを行っています。

透析室

2F(50床)3F(30床)の透析室は、明るく快適な空間で透析治療を受けて頂けるよう配慮しています。 また、On-lineHDF装置を導入し、合併症予防など患者様の病態に応じた治療法を施行しています。

穿刺待ち時間対策

当院では少しでも自分の時間を大切にしていただこうという思いから、入室時間を予約制とさせていただいております。透析スケジュール変更の際はスタッフへご相談ください。
待合室は明るくゆったりと過ごせる空間となっています。

シャント異常の早期発見への取り組み

「患者さまのシャントを長持ちさせる!」という目標を掲げ、STSシートやシャントエコー検査によりシャントトラブルの早期発見を行っています。関連施設と連携し、シャント閉塞やPTAなども対応可能となっています。

穿刺技術向上への取り組み

当院では常にスタッフの穿刺技術向上への取り組みを行っています。穿刺成功率は年間平均98%と高く、確かな穿刺技術を持ったスタッフが揃っていますので難しい血管の方もご安心ください。

透析液清浄化への取り組み

合併症予防のためにも透析液の清浄化は不可欠です。当院では「すべての患者さまに超純水透析液を!」を目標に日々、臨床工学技士が徹底した水質管理に取り組んでいます。

フットケアへの取り組み

下肢血流検査・フットケア・アフェレーシスと足病変の予防に積極的に取り組んでいます。

透析医療事故対策への取り組み

血液透析はちょっとしたミスが大事故に繋がる危険性があります。当院では毎月のミーティングにてインシデント事例報告や集計・分析・対策を行い、安全な透析治療の提供に努めています。

業務改善への取り組み

患者さまが快適に透析を受けていただけるよう、また、スタッフが働きやすい環境作りを目指し、みんなで意見交換し、業務改善に取り組んでいます。

患者教育への取り組み

透析は自己管理が重要です。当院では患者さま向けの勉強会(SK座談会)や情報誌発行(SK通信)を定期的に行っています。ご家族の方もぜひご参加ください。

災害対策への取り組み

スタッフ・患者さまの災害に対する意識向上を図り、いざ!というときに迅速に行動がとれるよう定期的に勉強会や緊急離脱訓練を実施しています。

新人教育の充実

透析のしくみから基本的操作など新人教育カリキュラムに従い、各段階で理解できたかどうか確認しながら進めていきますので透析未経験者でも安心して透析技術の習得ができます。

学会・研究会

学会や研究会へも参加し、最新知識を学ぶだけでなく、日頃の臨床技術や透析看護に関する学会発表も積極的に行っております。

確かな透析技術を提供します

当院では透析技術認定士の資格を持った臨床工学技士が常勤でおり、安心・安全・確かな透析技術を提供します。

患者さまとのコミュニケーションを大切にします

患者さまとのコミュニケーションを大切にし、質の高い透析看護の提供を心がけています。

臨時透析のご案内

当院では旅行や出張、帰省などで鹿児島に来られた患者様の臨時透析も対応しております。

送迎サービス

当院では自分で通院できない患者様へ送迎サービスを行っております。ご利用の際はスタッフまでご相談ください。